不動産投資の種類

最近ではアパートやマンションを購入して、その物件で家賃収入を得たり、購入した物件の価値があがった時に売却をし、物件購入時との差額で利益を得る不動産投資をする人が増えてきています。株やFXと比べると、比較的低リスクで始められる事、そして長期にわたって安定した収入を得られる事から一般的なサラリーマンとして働く人や、主婦の間、夫婦一緒になったりと、不動産投資を始める人が増えてきています。なぜ、ここまで不動産投資が広がり始めてきたのでしょうか。

近年では、老後の年金受給開始年齢が上がったり、受給額の減少などが話題になっています。これから先の自分の老後を考えた時に、年金だけでは老後の生活が心配だと多くの人が不安を抱えています。その為、安心して老後を迎えるために個人年金保険を視野に入れている人も多くいると思いますが個人年金保険では、受け取れる年金金額が確定しています。

不動産投資であれば、最初の初期費用では物件購入などまとまった費用が必要になりますが、将来に長期的に得られる家賃収入の魅力や、自分が亡くなった後も資産として物件を残す事も可能になる事などが、人気の理由になっています。

不動産投資物件と一言で言っても種類が分かれていて、アパートやマンションであればワンルームなのかファミリータイプなのか、そして戸建の不動産投資も存在します。戸建賃貸の不動産投資に向いているのはどんな人か、戸建賃貸の種類など紹介していきます。